≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

発電量のシミュレーションと経済効果

太陽光発電を検討する上で、発電量のシミュレーションとその経済効果を調べない人はいませんよね。
私も何度もシミュレーションを重ねて、「絶対に損しない」ことを条件に検討を進めています。

シミュレーションの条件
■システム容量:5.36KW
 ND-153AWを35枚設置したプラン。
■予想発電量:6000KWh
 千葉県北西部での実績を集めまくって推測。理想的な条件に対して98.4%の効率で計算。
■去年1年間の電気使用量:6000KWh、約14万円
 2人+2匹の家庭にしては高い・・・w

この基礎データをもとに、売電と買電量を予測すると・・・

■売電量:4060KWh
 消費量と発電量との差を1時間単位で細かくシミュレートした結果。エコウィルによる売電増加効果も加えている。売電率67%。
■発電消費分:1940KWh
■買電量:3259KWh

うちはエコウィルなので、売電額は48円ではなく39円に減額されてしまいますが、東京ガスから平成23年4月からもダブル発電キャンペーンを継続すると聞いており、10円もしくは9円が補填されて、結果的に48円相当の価値があると仮定。
発電消費分については、東京電力の月あたり300KWhを超えた分の単価である24円の価値があるとして計算。

そうすると・・・

■売電による収入:19万5300円
■消費した分:4万6300円

つまり、太陽光発電での経済効果は24万1600円ということになります。
もし見積り額通りに工事が完了し、補助金も想定通りもらえた場合、7年程度で元がとれる計算になります。(見積り金額がばれてしまいますねw)
設置から10年間はシャープの保証が受けられ、たとえパワコン故障であっても負担0円で交換してくれますので、7年で元が取れるというのは非常に魅力的です。

まぁ現実はいつも厳しいので、実際にはパネル性能の劣化がおこったり、予想発電量を下回ったり、電気を効率的に使えなかったりと色々あると思いますが、概ね10年もあれば元を取れるような気がします。
そうすれば、10年後に売電価格が24円に下がってしまっても、年間14万円を稼いでくれることになります。(パワコンの交換が必要になってきますが、10年で20~30万円程度のようです)

あと、予想より経済効果が改善する要素として、太陽光パネル設置によって断熱性が向上し、冷暖房の使用頻度が下がることが考えられます。どの程度の効果があるか分かりませんが、大きな屋根一面を覆う設置となるため、ちょっとだけ期待しています。
スポンサーサイト

| 導入検討 | 12:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

現地調査とその後の見積修正

先日、ソーラーダイレクトの営業さんと工事担当者さんに来ていただき、現地調査を実施してもらいました。
その結果、家の図面よりも屋根の寸法が若干小さかった模様・・・。
当初の予定通り42枚のパネルを載せようと思えば載せられましたが、営業さんと相談して、シャープの10年保証審査を確実に通すために35枚設置(5.36KWシステム)のプランに変更することにしました。

※実際にはギリギリに設置してもシャープの保証審査は通ってしまうのが現実のようですが、精神衛生上よくなかったので妥協しました。

というわけで、35枚設置のプランで再見積もりをとってもらったところ、システム規模が若干縮小したことでKW単価が少し上がってしまいました。とはいえ、KW単価40万円前後(税抜きで)となっていますので、十分魅力的な価格です。ちなみに、各補助金が出るので、実際に支払う価格はさらにKW単価10万程度下がります。

※注意!
見積りをもらった場合、かならず以下の項目が含まれていることを確認しましょう。
①売電メーター費用・設置費用
②電力会社申請手数料
③現場調査費
④連携検査立会費
⑤諸経費(保証費)
⑥補助金申請代行(ほとんど無料のはずですが)
パネル代・パワコン代・工事費用は当然書いてあると思いますが、上記項目は丸めて諸経費などという形で書いてある場合があるそうです。そうすると、あとで別途請求される可能性があるので注意しましょう。

| 導入検討 | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

太陽光発電の導入を検討します!

はじめまして。てんまと申します。

妻と2匹のミニチュアダックスと千葉県の一戸建に住むしがないSEです。2年前に引っ越した我が家には、ガスを利用した自家発電システム、エコウィルが設置されています。
なので、それなりに電気代を抑えられているハズ・・・、と思いきや年間の電気代は13万円超!日中妻が家にいることを考えても、結構高いような気がする。

なんとかならないかと考えていたところ、我が家の屋根が大きく、向きも角度も太陽光発電に向いていることに気づいたのです。(その前に節約せい!という話もありますが、、、)
しかも、余剰電力の買取価格が24円から48円に倍増するというではありませんか。これだ!と思ってネットで工務店を調べまくり、10年以内に元を取れそうなところを探しました。

ところが、どの工務店も千葉県が施工可能エリアに入っていません。入っているところは、どこも高くて話にならない工務店ばかり。無念でしたが、この段階で太陽光発電を1回あきらめました。

それから1年半ほどたったある日、電力買取価格が平成23年4月から48円⇒42円に減額されるニュースを目にしました。また、国から出る補助金についても1KWあたり7万円から4.8万円に大幅減になるとも。
ぬぅ、一度あきらめたとはいえ、今設置しなければもはや二度と設置できないなと考え、もう一度ネットでくまなく工務店を探しました。

そこで見つけたのが、東京葛飾区の工務店ソーラーダイレクトさん(会社名ビーエスフォーム)でした。ここのHPに掲載されていた価格がまた驚きで、シャープ製で1KWあたりなんと43万円!とはいっても、シャープのHPに正規工務店として掲載されているところなので安心です。

価格の他にも、2011年2月現在でも3月31日締め切りの国の補助金申請、東京電力の電力買取申請がまだ間に合います!という内容の記事に注目しました。正直、工務店を探しながらも、あと1ヶ月ちょいしかないからもう間に合わないのかな・・・とあきらめ半分でしたので。
要するに、国の補助金や電力買取制度の申請は、「工事を行う前」にするものなので、3月31日までに申請を通して、その後ゆっくり工事を行えば良いだけの話なんですね。ただし、私の住んでいる市では今年度分の市から出る補助金申請が終了しているため、4月1日から始まる平成23年度分の申請も合わせて通してから、工事ということになります。

早速、わくてかしながら見積もりを依頼!メールを送ってから直接電話で営業さんと話したのもあり、1日後にはすぐ見積り結果が届きました。その結果、シャープ製ND-153AWを42枚のせた6.4KWシステムをご提案いただきました。また、KW単価は容量が多いシステムのためなんと40万円を切っています!

早速営業さんに電話をして、現地調査を行ってもらうことになりました。
その話はまた次の機会に。

| 導入検討 | 12:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。