PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

現地調査とその後の見積修正

先日、ソーラーダイレクトの営業さんと工事担当者さんに来ていただき、現地調査を実施してもらいました。
その結果、家の図面よりも屋根の寸法が若干小さかった模様・・・。
当初の予定通り42枚のパネルを載せようと思えば載せられましたが、営業さんと相談して、シャープの10年保証審査を確実に通すために35枚設置(5.36KWシステム)のプランに変更することにしました。

※実際にはギリギリに設置してもシャープの保証審査は通ってしまうのが現実のようですが、精神衛生上よくなかったので妥協しました。

というわけで、35枚設置のプランで再見積もりをとってもらったところ、システム規模が若干縮小したことでKW単価が少し上がってしまいました。とはいえ、KW単価40万円前後(税抜きで)となっていますので、十分魅力的な価格です。ちなみに、各補助金が出るので、実際に支払う価格はさらにKW単価10万程度下がります。

※注意!
見積りをもらった場合、かならず以下の項目が含まれていることを確認しましょう。
①売電メーター費用・設置費用
②電力会社申請手数料
③現場調査費
④連携検査立会費
⑤諸経費(保証費)
⑥補助金申請代行(ほとんど無料のはずですが)
パネル代・パワコン代・工事費用は当然書いてあると思いますが、上記項目は丸めて諸経費などという形で書いてある場合があるそうです。そうすると、あとで別途請求される可能性があるので注意しましょう。

| 導入検討 | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://theflyingcolors.blog104.fc2.com/tb.php/246-6586d829

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。